FxLogBook.jp株式銘柄分析株式スクリーニング株式銘柄比較FX:EA作成機株・FX手法紹介破産確率計算開発者ブログアカウント登録ログイン


FxLogBookβ版

FX手法・EAロジック|

FX手法・EAロジック|FxLogBookで複利を利かせたEAをつくる方法

FxLogBookで複利を利かせたEAをつくる方法


2018-11-10  |  コメント件数(0)  |  Good !(10)

FxLogBookで複利を利かせたEAをつくる方法



大きく成功するための秘訣。
それは実業世界でも投資の世界でも同じく、レバレッジを利かせること、そして複利をきかせることです。
本記事ではFxLogBookでEAを作成する際に複利を効かせたロジックを組み込んでEAを作成する方法を解説しています。



FX手法概要


通貨ペア

USDJPY  EURJPY  GBPJPY  AUDJPY  EURUSD  その他の通貨ペア  

取引タイプ

-

取引相場

トレンド・レンジ相場

最大ポジション数

-

PF

0

損益比率

0

勝率

0%

マーチンゲール

-





投資の世界で複利をきかせるとは一般的には資金管理方法がベースになっています。
トレード手法がアクセルなら、資金管理はブレーキ。
ブレーキがないままアクセル全開で突っ走れば破滅しかまっていない。
一般的なトレーダーはトレード手法にばかり目がいって、資金管理はおざなりです。
だから退場するトレーダーの多くは、適正ロット数を超えたロット数でトレードして、損失が膨大に膨らんでどうしようもなくなってしまいます。

適正なロット数でトレードしていれば、資金が減った場合にはロット数も減ることで損失を適正範囲内に収め、資金が増えてくると資金増加に合わせてロット数を増やすことで利益を加速度的に増やしていくことができます。

そのため、「複利をきかせる」とは「資金にお応じた最適ロットでトレードする」ととほぼ同義であるといえます。

複利をきかせる




 

例えば下記のようなケースの場合の適正ロットを算出してみます。

・手持ち資金:100万円
・1回のトレードにおける損失許容率:2%
・1回のトレードにおける平均損失額:50pips


この場合、総資金が100万円だとしたら1回のトレードの損失許容額は100万円×2%で2万円となります。
そして1回のトレードでの想定される損失のpipsが50pipsだとすると、2万円÷50pipsで1pipsあたり400円。
ドル円の場合は千通貨単位で1pips=10円なので、このケースでは4万通貨単位が適正ロット数となります。

また、1回のトレードで最大4つのポジションを保有するという手法であるなら、各ポジション毎の損失許容額は4万通貨単位÷4で1万通貨単位となります。

一般的に1回のトレードの損失は総資金の2%程度に抑えるべきといわれておりますので今回は2%に仮置きしていますが、2%というのはかなり大きいと思いますので、実際にはもう少し小さくても良いと思います。トレードスタイルにもよりますが0.25%~0.5%位がちょうどいいのではないかと思っています。

余談ですが、複利を利かせる際には千通貨単位で取引をおこなうことができる業者がお勧めです。
1万通貨単位では、取引単位の調整が千通貨単位の業者よりこまめにできず、機会損失を生むことになります。

 

 





- 基本設定 -
ロット数調整 - 口座残高に対する比率
- 損失許容率:2%
- 想定損失:50pips

これだけでEAが口座残高からロット数を自動的に算出してくれます。
なお、損失許容率と想定損失はご自分のEAにの状態で変更してください。


最後に複利の効果を見てみましょう。

下は複利を適用する前の固定ロットのでのバックテスト結果。

バックテスト期間:2010年1月1日から2016年6月30日
ロット数:0.4ロット固定
初期証拠金:1万ドル
順利益:29,583ドル


上記にロット数調整により複利を利かせたバックテストの結果

バックテスト期間:2010年1月1日から2016年6月30日
ロット数:初期0.4ロット~最終3.58ロット
初期証拠金:10,000ドル
順利益:91,071ドル


このように複利を利かせたトレードを行うことで利益が加速度的に増やすことができます。





コメント投稿


お名前


コメント
 


コメント一覧

コメントはありません


  スポンサーリンク



  FX手法関連記事(新着順)

EAが動かない!?
トレーリングストップも??

そんな場合の対処方法

EA作成機で
複雑なエントリ条件
設定する方法

トラップ・リピート型の
進化系!!

「両建て+本体」

FX値動きの極意!!
時間帯を味方につけた
裁量トレード

NY時間のレンジブレイク
狙いのEA
パラメーターを大公開

負けない手法!? 
両建て、ナンピンゲール
の組み合わせ

EA作成機における
決済専用EA
作成方法について

EA作成機での
トレーリングストップ
設定方法について

トラリピ型EA ハーフ&ハーフの
中央値を移動平均線
してみた

FxLogBookで複利を利かせたEAをつくる方法

その他手法検索へ




  株式手法関連記事(新着順)

短期勝負!!
売られすぎの優良銘柄
反発を狙う

バリュー投資の父提唱の
「グレアム指数」5倍以下
というのは有効か?

「四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」
を試してみた

「株価予測 黄金の方程式」
を試してみたら
意外な結末に・・

超大化けの可能性がある
銘柄のスクリーニング条件を
試してみた

「業績見通しを上方修正した銘柄は有望」というのは
本当なのか?

第1四半期実績が良く
進捗率が高い銘柄の
株価は上昇するのか?

既に2倍株、3倍株となった
銘柄の特徴を
スクリーニングで探す

魔法の公式該当
スクリーニングで探して
バックテストしてみた

黒字転換2倍株
スクリーニングで探して
バックテストしてみた

その他手法検索へ



Copyright(C) 2015-2022 FxLogBook.jp all right reserved
ご利用規則個人情報保護方針開発者ブログ
お問い合わせ退会申請